第26回日本ヘリコバクター学会学術集会 第17回日韓H. pyloriジョイント・シンポジウム

演題募集

演題募集期間

2020年1月29日(水)正午~2月26日(水)正午

応募資格

  • 筆頭著者および共同著者は、日本ヘリコバクター学会の会員であることが必要です。
    未入会の方は、日本ヘリコバクター学会事務局のホームページから入会手続きを行って下さい。

    【日本ヘリコバクター学会事務局】
    (一財)口腔保健協会内 一般社団法人 日本ヘリコバクター学会
    〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4F
    TEL : 03-3947-8891 FAX : 03-3947-8341
    ホームページ : http://www.jshr.jp/
    E-Mail : jshr@kokuhoken.or.jp ※@は半角にして下さい

  • 本学会および他の学会でも未発表であること
  • 倫理規定に抵触しないこと

応募方法

演題登録はすべてオンライン登録となります。締切日までに必ず登録を完了させて下さい。
締切以降の演題登録は受け付けられませんのでご注意ください。

締切直前は大変混み合い登録完了に時間がかかる場合がありますので、余裕を持ってご登録ください。
利用者のコンピューター環境等により申し込みに支障をきたしても事務局では責任を負いかねます。

登録に際しては必ず以下の案内をご一読の上、本ページ下部の「演題登録」ボタンよりお進みください。
登録画面の指示に従い、必要項目をすべて入力してください。
登録完了後、ご登録アドレスに登録受付通知が送信されますので、必ず届いていることをご確認ください(確認・修正・取消に必要なURLが記載されています)。

発表形式

一般演題ならびに主題演題において演題を募集いたします。いずれもコンピュータープレゼンテーションによる口演です。
発表スライドはPower pointにて英語で作成し、発表は日本語で行ってください。

セッション テーマ/内容  
01. 主題演題1 H. pylori病原性、病態発生の最新知見」 司会のことば
02. 主題演題2 「最適な除菌方法 特殊な状況H. pylori除菌」 司会のことば
03. 主題演題3 H. pylori感染症の学校検診導入の現状と課題」 司会のことば
04. 主題演題4 「NHPH研究の最先端」 司会のことば
05. 主題演題5 「胃炎診断の諸問題 自己免疫性胃炎とH. pylori感染」 司会のことば
06. 主題演題6 「非侵襲的H. pylori感染検査の位置づけ」 司会のことば
07. 主題演題7 「除菌時代における胃癌診療の最前線」 司会のことば
08. 主題演題8 H. pylori感染・未感染・除菌後の消化管細菌叢研究および臨床応用」 司会のことば
09. 主題演題9 H. pylori除菌後の酸関連疾患 GERD、除菌後潰瘍、球後部潰瘍等」 司会のことば
10. 主題演題10 H. pylori感染の非侵襲的診断方法の問題点」 司会のことば
11. 一般演題(口演) 【領域】
  1. 細菌学的特徴
  2. 病原因子
  3. 疫学・感染経路
  4. Other Helicobacters
  5. 細菌叢
  6. 薬剤耐性
  7. 感染診断・検査手法
  8. 内視鏡検査・診断
  9. 病理学
  10. 免疫応答
  11. 胃粘膜障害
  12. 抗菌物質・作用
  13. 除菌治療
  14. 消化性潰瘍
  15. MALTリンパ腫
  16. 胃癌
  17. 消化管外病変
  18. 検診・健診
  19. その他
 

利益相反

本会での発表・講演においては利益相反(COI)状態の申告が必要です。
演題登録時に利益相反の有無について選択してください(全ての演者自身の過去3年(1月~12月)における、発表内容に関連した利益相反の有無が対象となります)。

発表の際は、スライドにてCOI状態を開示して下さい。

利益相反に関する詳細は、日本ヘリコバクター学会の「利益相反に関する指針(http://www.jshr.jp/about/coi.html)」をご覧ください。COI開示スライドの様式もこちらからダウンロードが可能です。

倫理審査について

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」等が適用される研究については、それらの指針に基づき、各機関等における倫理審査委員会の審査に基づく機関の長の許可を得て行われていることが必要です。

本会ではJDDWの倫理指針に準じてご対応頂くこととなっておりますので、(https://www.jddw.jp/meeting/rinri.html)にてご確認くださいますようお願い申し上げます。

抄録作成における注意点

  • 文字数制限は以下の通りです。
    演題名(日本語) 全角50文字以内
    演題名(英語) 半角英数100文字以内
    抄録本文
    ※【目的】【方法】【結果】【結語】の順で見出しを付けてください
    全角800字以内
    Conclusion(英語)
    ※【Conclusion】は必ず英語で記載してください
    半角英数240字以内
    Keyword 全角80字以内
    • 半角英数字は2文字で全角1文字です。
    • 上付き・下付きなどに使用する「タグ表記」については下記をご参照下さい。
      種類 タグ 入力例 表示例
      上付き文字 <SUP></SUP> Ca<SUP>2+</SUP> Ca2+
      下付き文字 <SUB></SUB> CO<SUB>2</SUB> CO2
      イタリック <I></I> <I>in vivo</I> in vivo
      太字 <B></B> <B>太字</B> 太字
      アンダーライン <U></U> <U>アンダーライン</U> アンダーライン
      改行 [Enter]キー、[Return]キーでの改行がそのまま反映されますので、タグでの指定は不要です。
    • 演題名(英語)、Conclusionで記号・特殊文字を用いる時は、下記リンク先をご参照の上、入力して下さい。
      記号・特殊文字
  • 最大著者数:20名(筆頭著者+共同著者)
  • 最大機関数:20機関
  • 会員番号:
    77から始まる6桁の番号を入力してください。
    会員への入会手続き中の方は、登録の際に「999999(6桁)」と入力して下さい。
  • 主題演題へ申し込まれる場合は、「不採択時に一般演題での採用を希望する/希望しない」をご選択ください。
  • 採用された演題は日本ヘリコバクター学会誌へ掲載されますが、掲載の際に事務局では著者名、所属機関名、演題名、抄録本文等について誤字、脱字等の修正を行いません。ご登録の際は誤字、脱字等の無いよう十分ご注意ください。
  • 演題の採否等はEmailにてご案内いたします。演題登録時のE-mailアドレス宛に送信しますので正確にご入力ください。
    携帯電話のキャリアメールはご利用になれません。
    また、Gmail等のフリーメールも事務局からの採択通知等が届かない場合があるため、可能な限り登録を控えてください。

登録受付通知 ならびに 登録内容の修正・変更について

ご登録アドレスに自動送信メールが届きます。
ご登録後、一定時間をおいても登録受付通知が届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダ等をご確認いただくか、事務局へお問い合わせください。

自動送信メールの末尾には編集画面のURLが記載されています。登録内容の確認・修正・取消は、このURLから個人ページに進んで行って頂きますので、大切に保管してください。確認・修正・取消は、演題登録受付期間内のみ有効です。

採否通知

演題の採否、発表日時および発表形式は会長にご一任ください。

演題締切後1か月程度で事務局よりメールにてご連絡いたします。予定時期を過ぎても事務局からの連絡がない場合は、迷惑メールフォルダ等をご確認頂くか、お手数ですが事務局へご連絡頂きますようお願い申し上げます。

個人情報の取扱について

ご登録いただいた個人情報は、第26回日本ヘリコバクター学会学術集会の運営準備の目的以外での使用はいたしません。
また、ご登録いただいた個人情報は必要なセキュリティーを講じ厳重に管理いたします。

演題登録に関するお問合せ

第26回日本ヘリコバクター学会学術集会運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス(担当:山田)
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-19-28
TEL:052-269-3181(9:30~17:30、土日祝休) FAX:052-269-3252
E-mail:jshr26@ccs-net.co.jp ※@は半角にして下さい

演題登録

事務局
浜松医科大学医学部附属病院 臨床研究センター内
〒431-3192 静岡県浜松市東区半田山一丁目20番1号
TEL 053-435-2850 FAX 053-435-2851
運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス 内
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-19-28
TEL 052-269-3181 FAX 052-269-3252
E-mail jshr26@ccs-net.co.jp
※@は半角にして下さい
Copyright © 第26回日本ヘリコバクター学会学術集会 All Rights Reserved.
ページの先頭へ戻る